読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Listening Log 170111-0119

—Best 3 Songs—

3.  Famous Dex x Rich The Kid – "So Mad" (Prod. Polo Boy Shawty, WaveGod of SMG) [LOUIEKNOWS]

2. Syd – “All About Me” (Prod. Steve Lacy) [Calmatic]

1. Thouxanbanfauni – “Keep My Head Up” (Prod. 不明)

 

3.のFamous Dexのリズム感は本当にクレイジー。それに比べるとRich The Kidのパートはもはや小ぎれい。

2.は単純にトラップサウンドに振り切ったから良いとかそういうレベルではなく、音や詩に宿るSydの研ぎ澄まされたアティチュードに心の底から奮い立たせられる曲。Odd Futureがどんなグループだったかということももう一度振り返っておきたくなった。

1.は↓で取り上げたミックステープで一番面白かった曲。3.のRich The KidやFamous Dexとも近しい関係にあるラッパー。

 

—Best 4 Music Videos—

4.  Boogie Feat. Dana Williams – “Sunroof” (Prod. Keyel, LordQuest) [Gina Gammell, Riley Keough]

3. CAV EMPT Spring/Summer 2017 (Music: EMG – "Mother Funk") [Cieron Magat]

2. Syd – “All About Me” (Prod. Steve Lacy) [Calmatic]

1. Young Thug – “Wyclef Jean” (Prod. TM88, Supah Mario) [Ryan Staake (Pomp & Clout)]

 

1.は、総制作費1000万円以上のミュージックビデオ撮影に際して主役・Young Thugが撮影地に現れないという事故と、制作を依頼されたPomp & Cloutチームの機転によって、当初の予定とは異なる形で奇跡的に生まれた作品。

ミュージックビデオと呼べるのかも分からないこの作品はPigeonsandPlanesによるインタビューでRyan Staake監督が語っているように、「Young Thugがいなくては実現しなかったし、Young Thugがいても実現しなかった」。

Young Thug - "Wyclef Jean"のミュージックビデオはなぜ面白いのか? - FNMNL (フェノメナル)

 

2.はSydやOdd Futureの面々が放つオーラがやばいということに尽きる。

 

—他に気になった曲、ビデオ—

OMB Peezy – "Lay Down" (Prod. 不明) [@KWelchVisuals]

Gorillaz Feat. Benjamin Clementine – “Hallelujah Money” [Gorillaz, Giorgio Testi]

CocoRosie Feat. ANOHNI – "Smoke ´em Out"

 

—Mixtape—

Thouxanbanfauni – 『Heavy Weight Champ』

        

f:id:bbatchoo:20170120225720j:plain

       Tracklist

  1. 3400WINGS (Prod. Daewop)
  2. SOLID (Prod. Big Head, Gnealz)
  3. IN DA FIELD (Prod. Badmon56k)
  4. Spread ma wings (Prod. Hvgo)
  5. LESSGETIT
  6. DMNED (Prod. AR)
  7. So Dysfunction (Prod. BigHead, Gnealz)
  8. THOUXAN (Prod. Jay$plash)
  9. Cant Rock With Me
  10. Used too
  11. Keep my head up
  12. BEAT AROUND DA BUSH
  13. Stand For Sum (Prod. Badmon56k)

 

TVゲーム系(?)の無機質で奇妙なビートと、独特なリズムの刻み方をするラップが、ぶつかり、混ざり、溶け合ったサウンドの全体を楽しめる作品。

プロデューサーのクレジット、自力で調べられるだけ調べてみたけれど、一番好きな”Keep my head up”のプロデューサーは分からなかった。

 

—上記以外でよく聴いたもの—

Chief Keef – 『Back From The Dead 2』(2014)

 f:id:bbatchoo:20170120224254j:plain

Aphex Twin – 『Selected Ambient Works 85–92』(1992)

f:id:bbatchoo:20170120224430j:plain

 

 

—記事—

「香港独立映画節」開催迫る 日本からも2監督の作品上映 - 香港経済新聞

[452] 自分を育ててくれたすべての女性たちへ『20th Century Women』 – IndieTokyo

映画『タンジェリン』に使用されている“トラップミュージック”とは? サウンドクラウドで出会う未知数の音楽たち | Daily News | Billboard JAPAN

tofubeats×ジェイ・コウガミ、名著『誰が音楽をタダにした?』を語る 音楽はネット時代にどう生き抜くか | Real Sound|リアルサウンド

昨今のレコード人気は定着するのだろうか | VICE JAPAN

ファッション誌のこれから | read | i-D

The Full Story of Young Thug’s Viral “Wyclef Jean” Video | PigeonsandPlanes

「生活保護は施しではなく国民の権利」という常識 | 下流化ニッポンの処方箋 | 藤田孝典 | 毎日新聞「経済プレミア」

「学歴」という最大の分断 大卒と高卒で違う日本が見えている | BuzzFeed Japan

 

↑のIndieTokyoの記事で出会った「彼はいつも“どんな媒体とも相容れるな”と言っていました。つまりそれはもっと自分のアイディアと観客との関係性にフォーカスしろ、ということ」って言葉すごく良いと思った。